前へ
次へ

納得の値段にしてくれる買取業者を探そう

今の世の中には、数え切れない位に多くの種類を買い取ってくれる業者が存在しています。
特定の商品を手放すなら、その商品の価値に精通している買取専門業者に声をかけるようにしましょう。
着物買取に関しては、当然ながら着物の価値を理解している専門業者にお願いをするのが妥当です。
リサイクルショップでも構わないですが、その場合は、リサイクルショップの買取担当が、着物の価値を理解しているかどうかを確認し、その上で交渉を進めることが重要となります。
特に、その商品がブランドものであればなおのこと、しっかりと鑑定してもらうことによって高額な金額になることもあるため、取引先は慎重に選ぶようにしましょう。
1つの業者だけで結論を出すのではなく、いろいろな業者に見積もり金額を出してもらい、その査定結果を比較することが大事です。
そうすることで、今自分が所有している着物の買取価格の相場が見えてくるようになります。
もちろん、着物のコンディションも重要なので、日ごろから丁寧に保管するよう心がけておきましょう。

少しでも高額査定をしてもらえるコツ

古い着物、もう着なくなった着物を売るとき真っ先に思い浮かぶのが「高かったのに」ということではないでしょうか。
確かに着物は高価ですから、なるべく高く買い取ってもらえればそれに越したことはありません。
そのためには準備をしっかりして、少しでも査定額をあげる工夫が必要です。
例えば、「証紙」というものがあります。
この着物は誰がいつ作ったものですよ、ということを証明するもので、これがあるとないとでは査定額が違ってきます。
もしどこかに保管してあるなら、ぜひ一緒に見てもらいましょう。
証紙があれば売れ行きもよくなるので、高く買い取ってもらえます。
それから、着物周りの小物類も一緒に出すのがおすすめです。
というのは、小物類は単独だと査定額が下がりがちなので、着物を売るときに一緒に売らないと損になることがあるからです。
特に古い着物は持ち主の思い込みや箱の取り違えなどが起こりやすくなります。
しっかりと証紙をそろえ、納得いく査定をしてもらいましょう。

Page Top