前へ
次へ

着物買取を依頼する前に状態を確認して

出来れば買取査定に出す物は高く買い取ってほしい、誰もが思っていることです。
しかし、買取査定に出す前に、まず商品の状態を確認してから出すことが重要といえるでしょう。
例として着物買取査定の場合、新品や仕付け糸がついたままの状態のものの場合、高値で買い取ることが出来ます。
また、着用回数が少なければ少ないほど高値で買取してもらえるでしょう。
買ってから10年以内の着物は比較的高値になりやすく、成人式で着ただけで、それ以降身につけていない場合には買取に出しても高値になりやすいといわれています。
しみや汚れ、虫食い、カビなどがついていないか確認することも、査定に出す前に必要といわれているため、参考にしてください。
年数が経過すればするほど、絹は劣化するといわれています。
正絹であればあるほど、新しい人に身につけてもらいやすいようにリサイクルに出した方がいいでしょう。
箪笥の肥やしにしてしまうよりも、誰かが身につけてくれた方が着物を作った人々にとってもうれしいことでしょう。

強いしわがあると査定額を下げる可能性

洋服は非常に柔らかいです。
きれいにたたんで置いておけば、その折り目がきちんとつきます。
間違ったたたみ方などをすればついてほしくない折り目などが付くときがあるので注意しないといけないでしょう。
そして雑に扱ってしまうと予想しないところにしわが付いてしまうときがあります。
着物は洋服に比べるとしっかりした素材で作られています。
多少のことではしわになったりはしません。
しかし長く良くないたたみ方で保管をしていると、良くないしわが強く残ることがあります。
しわの部分を伸ばそうとしてもなかなか伸ばすことができず、その後も残ってしまう可能性があります。
着物を買取してもらうとき、戻せない強いしわがあると買取価格に差が出てくる可能性があるので注意しないといけないでしょう。
丁寧にたたんでいるつもりでも小さなしわが入ってしまうときがあります。
よく着ればその都度解消できるでしょうが、長く着ていないとしわが強く残りやすくなります。

Page Top