前へ
次へ

高額で買取できる着物があります

洋服に比べてずっと高価な着物、母や祖母から受け継いだ人も多いかもしれません。
もし手放すならなるべく高く買取できれば、気分良く手放せます。
着物にはいくつか高額買取できる種類があります。
まずは未使用の着物です。
これはどんなブランドのものであれ価格にプラスになります。
シワができないように布を挟めておけば未使用品だとわかりやすい状態になります。
また、シミやカビなどの汚れがないほうが望ましいです。
普段からシミやカビをつけないように適切な場所に保管し、虫干しなどのメンテナンスをしましょう。
購入年数としては10年以内が目安です。
例外もありますが古すぎると価格が上がりづらいです。
売るかどうか迷ってるなら早めに査定に出した方がいいでしょう。
使われる素材としては正絹の着物は特に高額で買取してもらえます。
厚みがあって重い正絹ほど値段が上がります。
正絹かどうか分からない場合は査定時に聞いてみましょう。
そして、着物は数年単位で人気の色や柄が変わります。
洋服ほどではなくても流行りすたりがあるのです。
その時需要のある色や柄なら査定にプラスとなるでしょう。
デザインとしてはあまり奇抜すぎず、長く使える昔ながらの古典柄の方が需要が高いです。

着物買取で高値の付く正絹に綿素材や麻の生地

日本の和の心を美しく表現する着物ですが、生地の素材にはいくつかの種類があります。
着物買取専門店へ着物査定に出す際には、着物それぞれの素材も査定には響くポイントです。
生地の素材として大きく分けると5つほどであり、絹に綿に麻にウール、そしてポリエステルですが、すべての素材が高値買取になるわけではありません。
高値の査定が付きやすいのは、麻の素材と正絹と綿の3つのタイプです。
なぜこの種類だと査定額が高くなるかというと、この3つの素材は高い価値を持つ着物に採用されるためであり、圧倒的な価値を持つのは正絹になります。
正絹の着物の価値の高さはお墨付きですが、これ以外にも綿や麻素材を使用した伝統工芸品もあるので、自分が売りたい着物の素材は確認をすることです。
証紙による素材の見分け方もできますが、全て素材が載っているとは限りません。
素人では判断はつかないものの、プロの査定士の場合は着物に触れ、その際の手触りで確実に判別をするので安心です。

Page Top